読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまり知られていないが

恋する人は、テストの成績が落ちる時が多い。 原因は左脳は論理脳として、右脳が感覚脳として主に働きが分かれ、本物の恋をしてるときであれば感情を支配する右脳を中心に動いているのが原因。 残念ながら女性は体について賛辞はほしいと思っていません。 む…

どんどん人が集まってくる

一般的には居所の数メートル以内に相手の異性がいるのだ。 あなたの会社や日々よく使っている施設など普段の数メートルのところをよく探して、自分の気になる人に気合を入れてアタックする事!とかく「いつも孤独に人りで活動している印象の女性」は『人りき…

親しくなりたい異性に

女の人の多くは男の人の沢山ある能力が可もなく不可もなくというレベルである事を好む。 全部がなんとか合格点の人が一番モテる。 驚くほど能力の高い完全無欠な男性は実は避けられる。 恋愛(れんあい)に関して言えば、人が人に対して生じさせる心の触れ合…

かわいい笑顔を見せると

男は、コミュニケーションをとるのが上手ではない生き物。 女性を「からかう」行為を、知らず知らず選択してしまっている時が多い。 実際のところ、意識せずにからかう事で感情を伝えるのがうまくできない女性との接点を持つ事ができる。 『服を買いたいんだ…

ワイルドな恋人がほしい

普通、一目惚れというのは「自分の空想の実在しない人に恋愛している」そんな状況です。 言い換えれば「イメージの投影」というメカニズムと言う事になる。 (恋愛は)女の人にとっては生きていくうえで大切な生活のプランでなければならない。 男の人が自分…

そんなにまで考えをめぐらして

男と言うのは陥落させたい人が自分にしゃべりかけているときにその人の目を見る時が多い。 男性に話しかけた時にその人の目を他に目を向けず見つづけてくれるかどうかが、自分の男にしたいかどうかの判断基準です。 気ままな事ばかり言うような「いわゆるギ…

親しくなりたい異性の

必見!Body touchのテクニック!「手を揉んであげようか?みんな感情いいって!」なんて言って好きな人の手を取って、揉んでマッサージしてあげてみましょう。 そこから恋が出発する事もあります。 ラブラブにしたい相手が病気やけがなどで体調を崩してつら…

空は女性の恋のようなものである

好意のある異性が何か飲み物をのんだら、自分も飲む。 頭をかくのなら、あなたもかく。 足を組みかえたら、自分も真似して組みかえる。 こうやってあなたが相手のしぐさそっくりの真似をしているだけで素敵だなと思っている相手に親近感がわく確率が高い。 …

強引に好きにならざるを得なくなってしまうのだ

熱い愛を失敗しないようどうにかして伝えなくてはとか、君の女性への想いを言葉だけで訴えなければなんて、おびえる必要はない。 自分自身の全身で表すのが愛の告白です。 近づきたいヒトと一緒にいられる事があったら、同じ動きをしているかじっと見てみま…

男性というものは

女の人はふつう男の人の様々な能力が平均的である事が好みである。 全部が平均点の男性が一番モテる。 非常にすごい能力の完成された人は実際には遠ざかれる。 親どうしも認めている結婚前提の交際のような長く女性を引き付けたいのなら、やさしくてそして賢…

手足の爪と

もう永久歯の表面を保護しているエナメル質を浸食するほど悪化してしまった歯周病は、あわよくば症状そのものが安定したとしても、なくなった骨が元の量に戻るような事では有り得ません。nail care(nail care)というのは、手足の爪とその周辺の皮膚を手入…

メタボとは言われていなかったとしても、臓器の脂肪が多く蓄積しやすいパターンの悪質な肥満を抱える事により、重い生活習慣病を招きやすくなります。高齢化が原因の耳の遠さでは緩やかに聴力が低下するものの、多くの人は60歳くらいまでは聴力の衰退をきち…

HMBという成分を知っていますか?

お肌の奥深くで誕生した細胞はゆっくりと時間をかけてお肌の表面へと移動し、結果的に皮ふの表面の角質となって、約4週間経つとはがれていきます。この仕掛けこそが新陳代謝の正体です。脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常が原因で現れる湿疹で、分泌が乱れる因…

一般社団法人日本肥満学会

内臓の脂肪の多い肥満と診断された上で、脂質(lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2項目以上当て嵌まる健康状態を、内臓の脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と称しているのだ。BMIを算出する式は…

歪みが発生

ストレスが蓄積してしまうプロセスや、手軽で有用なストレスを緩和する手順など、ストレスに関して適切な知識を保持している人は、まだ少ない様だ。70代以上の高齢者や病気を持っている方は、際立って肺炎を発病しやすく完治までに時間がかかると言われてい…

乾燥肌が日常の

春に患者様が増える花粉症とは、森のスギや檜、ブタクサなどの大量に放出される花粉が因子となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を起こしてしまう病気として広く認識されている様だ。メイクの悪…

加えてほぼ水平に

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いのでオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのだ。が、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけてしまうなど、皮ふに良くない影響を与えるのだ。アミノ酸の一つグルタ…

心不全などを

真正細菌のひとつである結核菌は、菌に感染している人が「せき」をする事によって空間に放出され、空気中でふわふわ漂っているのを誰かが空気と一緒に吸い込む事により拡がっていきます。尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)…

急性腸炎

内臓が脂肪過剰になっている肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過剰(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)の中で2個か3個すべてに相当するケースを、内臓の脂肪症候群と呼んでいるのだ。メイクの悪いところ:…

負担をかける事

美容悩みから解放されるには、とりあえず私の臓器の具合を検査する事が、更に美しくなるための近道だといえます。しかし、一体どのようにして私の内臓の調子を調査できるのでしょうねか。ハーバード医科大学(HMS)の調査によれば、通常のコーヒーと比較して…

感染症対策法

更に日々の生活のストレスで、メンタルな部分にまで毒物は山ほど積もっていき、同時に身体の不調も引き起こしてしまう。この「心も体も毒まみれ」という不安こそが、多くの現代人をデトックスへと駆り立てる。様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシ…

セロトニン

ビタミンB6には、あのアミノ酸をクレブス回路と呼ばれているエネルギーを活用するために必須な重要な回路に取り込むため、輪をかけてクラッキングする事を助長するという作用もあると言われている様だ。医療先進国のアメリカ、ヨーロッパでは、新しい薬の特…

日和見感染

アトピー主因:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(アトピー、atopic dermatitis)の中から一つ、又は複数)、IgE 抗体を作りやすいと思われる因子、など。気分障害のうつ病では脳ミソ内で分泌される神経伝達物質のセロト…

耳鼻科で診てもらえる花粉症

る時は、食べたい物を気軽に口に入れたら数回咀嚼して飲み下して終わりだが、そのあと身体はま事に律儀に機能し食物を体に取り込む努力を続けているのだ。内臓に脂肪が多い事による肥満が確認されて、脂質過剰(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧…

リンパの滞りの

栄養バランスのいいお食事や運動はもちろんの事、ヘルスアップや美のために、欲しい栄養を補うために数種類のサプリメントを飲用する事が常識になってきているのだ。1回歯の周囲のエナメル質を脆くさせるまでに時間の経ってしまった歯周病は、悲しいかな病…

体内の脂肪の

痩せたいがためにカロリー摂取を抑制する、1人前を食べない、そうした暮らしを続けると結果的に栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を招いている事では、頻繁に言われている事です。あなたは、ご私の内臓は元気であると言えるだけの自信がおありですか“全…

臓器の動きを

ヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあってクッションに近い働きをしている椎間板(ついかんばん)という円形の組織がはみ出てしまった状態を称している様だ。太陽からの紫外線によって出来たシミを消すよりも、…

スカルプが弛み始めると

あまり聞き慣れないリハビリメイクという言葉には、身体に損傷を負ってしまった人のリハビリと同じく、容貌に損傷を負ってしまった人がもう一度社会へ踏み出すために学ぶノウハウという意味が込められている様だ。美容とは、化粧や整髪、服飾などにより外見…

メイクアップのデメリット

もう永久歯の表面を保護しているエナメル質を浸食するほど悪化してしまった歯周病は、あわよくば症状そのものが安定したとしても、なくなった骨が元の量に戻るような事では有り得ません。植物に存在する化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファン(…

肌に対して

美容にまつわる悩みを解消するには、一番最初に私の内臓の状態を検査してみる事が、美容悩みからの解放への第一歩になります。果たして、一体どんな方法を用いれば私の臓器の調子を調査できるのでしょうねか。毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワ…

季節性のインフルエンザでも

患者様が増えつつある逆流性食道炎は、1週間もきちんと服薬すれば、原則、ほとんどの患者様さんの自覚症状は消えてなくなりますが、そうは言っても食道粘膜の腫れや炎症が完全に治癒したとは言い切れません。冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の…

原則として股間の周辺だけに

脳ミソ内のセロトニン神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みの防御、色々な覚醒現象などを司っており、単極性気分障害(大うつ病)の方では働きが弱くなっている事が科学的に証明されている。子供の耳管の構造は、大人のそれと比較して幅が広く短い形で…

スカルプケア

毎日の折り目正しい生活の継続、腹八分目を忘れない事、軽いスポーツ等、アナログとも言える体に対する取り組みが肌のアンチエイジングにも活用されるのだ。知らない内にパソコンに集中しすぎて、眉間に縦じわ、更に口角の下がったへの字(因みに私はこの形…

眼のレンズのピントを

現代に生きる我らには、ヒトの体内には体に良くない影響を与えるケミカルな物質が取り込まれ、加えて私の体内でも老化を促進する活性酸素などが次々と発生していると喧伝されているようだ。不整脈の期外収縮は、健康な人にも症状が発生する事があるので珍し…

エネルギー源を

ポリフェノールで最も有名な長所はV.C.(ビタミンC)やトコフェロール(ビタミンE)違い、細胞の間の水溶性の部分や脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果をいかんなく発揮します。「肝機能の減衰」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-…

キメの細かい泡立ち

「あまりにも多忙だ」「上っ面だけの様々なお付き合いが嫌でしょうねがない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの高度な進歩に付いていくのが大変だ」など、ストレスが溜まってしまうシーンは十人十色です。押し返してくる皮膚のハリ。これを生ん…

スギの花粉が

それまでブームにならなかった事が不思議ですが美白は1990年代の終わり頃に美容家で料理研究家の鈴木その子が必須性を訴えてブームになったほどだが、それよりももっと前からメラニン色素が原因の様々な皮ふトラブル対策に対して採用されていた。はなから健…

アトピーのように

健康な人間にもみられる浮腫だが、これは自然な事。なぜか女の人は、脹脛の浮腫を防ぎたがるが、二足歩行の人間なら、下半身の浮腫は正常な状態なので神経質にならなくてもよい。頭皮は顔面の皮ふに繋がっており、おでこまでは頭皮と同じものと捉える事では…

いずれも健康に関係する

痩せたいがためにカロリー摂取を抑制する、1人前を食べない、そうした暮らしを続けると結果的に栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を招いている事では、頻繁に言われている事です。ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性であるビタミンCや脂溶性のトコ…

目眩や冷や汗

皮ふの若さをキープする新陳代謝、言いかえればお肌が生まれ変わる事が出来る時間帯は極めて限られており、夜半寝ている間だけだと言う事です。残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に放送されるスポーツ観戦・翌日の子どものお弁当やご飯の下準備…。皮…

クッションの役割を

メイクアップの短所:涙が出る時にあたかも修羅のような顔になってしまう。少しだけ多くなってもケバくなって地雷を踏む。顔の造形をごまかすのにも骨が折れる。美容雑誌でリンパ液の停滞の代名詞のように説明される「浮腫」には大きく2種類に分けて、体に隠…

我が国において

今を生きている私達は、日々刻々と体内に蓄積されていく悪い毒素を、様々なデトックス法を使って体外へ追いやり、藁にも縋る想いで健康体になりたいと努めている。うす暗い場所では光量が足りなくて見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のレン…

医療資格を有しない方でも

特に夜間の歯みがきは大事。“蓄積くすみ”を除去するため、就寝前はきちんと歯みがきする事をおすすめします。ただし、歯みがきは回数が多ければ良いわけではなく、内容のクオリティに着目する事が大切です。お食事という行為は、食物をなんとなく口へ運んで2…

おでこも頭皮と同じと

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を配合している美肌水は保湿力が高いため肌に優しく、ドライスキンの方にぴったりです。防腐剤や芳香剤など余分な成分を加えていないため、敏感肌の人でも使えるのが特長です。真正細菌のひとつである結核菌は…

自分に合った運動やスポーツ

美容悩みから解放されるには、とりあえず私の臓器の具合を検査する事が、更に美しくなるための近道だといえます。しかし、一体どのようにして私の内臓の調子を調査できるのでしょうねか。体を撫でる事などで、入居者さんが猫を可愛らしいと思う時に「愛情の…

主に両手両足が麻痺したり

美白化粧品だと正式なカタログで謳うには、まず厚労省に認められている美白に効く成分(ほとんどアルブチン、こうじ酸など)を使用している必須があると言う事です。くしゃみに鼻みず、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花…

ピーリングとは何かというと

ピーリングとは何かというと、時間の経った不要な皮膚を専用化粧品などでピール(peel:はぐの意味)する事を繰り返して、新しくてダメージのない表皮(角質層)に入れ替える簡単な美容法です。杉花粉が飛ぶ時に、幼いお子さんが体温は普通なのにクシャミや…

反復性もある経過

審美歯科は、美に主軸を据えた総合的な歯科医療。歯の持つ役割には咀嚼などの機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、双方ともに健康に関わるとても大切な要素だと言う事ができる。デトックス法とは、特別な健康食品の飲用やサウナで、こん…

沈黙の臓器

ものを食べるという行為は、食物を気軽に口に運んで約20回噛んで飲み込んで終わりだが、そのあと身体は実に律儀に働いて食物を体に取り入れるよう努力している。様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと…

翌日の子どものお弁当作りや

人間にも生じてしまうむくみだが、これはごく自然な事。事に女の人は、脹脛のむくみを気にするようだが、人間なら、下半身の浮腫自体はいたしかたのない状態だ。患者さんは一人一人お肌の質は異なりますし、生まれつきドライスキンなのか、もしくは後天性の…