読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなにまで考えをめぐらして

男と言うのは陥落させたい人が自分にしゃべりかけているときにその人の目を見る時が多い。

男性に話しかけた時にその人の目を他に目を向けず見つづけてくれるかどうかが、自分の男にしたいかどうかの判断基準です。

気ままな事ばかり言うような「いわゆるギャル系の女性」は男性たちによそよそしくされる事がしばしばある。

「二人の時間も、振り回される事が多く、疲労する」イメージがある時が多いため。

恋する人は嘘を言うのは嫌いだ。

しかし実際には、相手を思いやるための嘘も実在する。

悪気のないウソはむしろつかないよりも嘘をつかれた彼(彼女)を幸福にする事が少なくない。

耳寄りな情報!暗闇の心への効果は、ずば抜けている様だ。

自分の表情が隠れるので、安堵感のみならず開放感をも得る。

一般的な人にとって、微妙な視線や表情を読まれる事では苦手だから。

何組かでデートのとき、ドライバーは何があっても譲るな!必ず自分の真横に射止めたい相手を座らせてあなたと水入らずの空間を作りなさい。

あなたの財布を使ってと渡せば自分と相手だけの共同作業がそこに始まるのだ。

たとえ結婚しようとしまいと、相手を愛していられるのが真実の恋なのです。

もしかすると別れる日が訪れるのかもしれないけど、しかしながら相手の事を愛するという心こそが相手への偽りのない愛。

過ぎ去った、過去の恋をひきずるなら、捨てていないどれもこれも好きだった人との日々を思い出させるようなものは捨てて!できなきゃ売りなさい!これが曲げられないルールなのだ。

二人が顔を合わせる回数を増やせば、男は貴方を日増しに好意的に思っていってしまう。

実証された基本的な女性の心理学現象だ。

「おはよう」短いあいさつでもいい、1日1回だけは、互いに目を見つめあおう口説きたい人に告白するときは感情の理由づけが必要。

「~なので付き合って!」のような理由を説明できて伝えれば、ますます説得力および真実性が高まるわけです。

接遇の基本となるものは、大切な方にどのような仕方で歓んでもらえるかを想像する事と言えます。

つまり、接待は恋愛そのものだ。

横長のテーブルせきの時、目の前が相手の席なら、モノにしたい人と自分との間のテーブルの上にはどんな物(携帯や手帳それと水など)も置くのはいけない。

よけいな物がある事でその人にプレッシャーを感じとらせるのだ。

雰囲気不足では女性を口説く事ができないような男の人は“男性性”が足りないと思われる。

この“男性性”が大丈夫ならムードのある雰囲気がなくてもどんどん攻められるし、女が男性に近づいてくる。

素敵だなと思っている男性がもし飲み物をのんだら、自分も飲む。

頭をかくのなら、あなたもかく。

足を組みかえたら、あなたもさっと足を組みかえる。

あなたが好きな人のしぐさの真似を続けているだけでハートを射止めたい相手に親近感がわく事がある。

男性は射止めたい人が自分にしゃべりかけているときに話しかけている相手の目を見るのはあたりまえ。

いつの時でも、男性にしゃべりかけたときに相手の目を強く見つづけてくれるかどうかが、お付き合いしたいかどうかの境です。

感情を伝えて成功率を上げるためのテクニックは女性を持ち上げる事が大切な事である事を覚えていて。

『臨時収入があったから、ごちそうするよ!』なんて言うと、男性の事を“経済的なゆとりがある”と女性は見込む時が多い。

くしゃみの音を口を覆い隠して、静かにしようとする人は小悪魔体質といえる。

そんなにまで考えをめぐらして、活動したら、関係ない人にでも配慮でき、モテると期待していい。

自分のなかの愛をいい感じに何とかして告白しようとか、あなたの彼女に対する想いを言葉だけで伝えなければなんて、身構える必要はない。

君自身の全身で伝えているのが本当の愛の告白といえる。

女性から尋ねられたとおりの疑問を返してあげる事のできない男性はモテる男ではない。

女性というものは相手に尋ねた事を尋ねて貰いたくてそんなふうに聞くのである。

あなたがする質問については同じ事を聞き返してほしいという分かりにくい生き物だ。

いわゆる、一目惚れとは「あなたが作ったあこがれの実在しない恋人に心を奪われている」そんな現象の事が多い。

つまり「イメージの投影」という心のメカニズム。

具体的には、ちょっと離れたところにいる気になってる女を呼びかけて、早足で近づいてくるとか、走って近づいてきたら、少しは好意を持ってくれている相手である見込みがきっとあります。