読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイルドな恋人がほしい

普通、一目惚れというのは「自分の空想の実在しない人に恋愛している」そんな状況です。

言い換えれば「イメージの投影」というメカニズムと言う事になる。

(恋愛は)女の人にとっては生きていくうえで大切な生活のプランでなければならない。

男の人が自分の一生の専門知識なりワークライフなりを選り抜くがごとく真剣そのものにパートナーとなる人を選択するべし。

普通の女の人は聞いている事よりも話す事が感情いい。

自分の話ばかりいつまでも話し続ける男性はただのばか野郎。

浮いてしまわないよういつでも話を聞いてもらう事が好きな女性に話していいと思わせる事が大切。

よく聞く、一目惚れというのは「あなた自身の空想の世界の実在しない人にハートを打ち抜かれている」状況といえる。

違う言い方をすれば「イメージの投影」という誰にでもある心理メカニズムです。

女の人が、男性のなんでもないような話に誠実な感情で話を聞きなさい。

「うわぁ、素晴らしいじゃない、聞かせて?」と眼をきらきらと輝かせながらロマンを満足するまで聞いてあげる事。

それだけでうまくいく。

恋人づくりにもっとも大事なポイントは何か知りたいと言われれば、私は即座に、タイミングを捉える事と回答したい。

第二も同じ、第三もやはりチャンスだ!二人で出かけたとき、帰りは、あえて引っ張る事をしないで、最後の一番の盛り上がったタイミングで振り切ってでも離れる事になれば、次回のデートもまたまた一緒に行きたいなという感情にさせる事がします。

具体的には、違う部屋にいる付き合いたい女の人を声をかけてみて、急いで早足で近づいてきたり、走って近づいてきたら、少しは好意を抱いてくれている相手である見込みがたぶんある事では間違いないでしょうね。

(恋愛は)女性にとっていえば非常に大切である生活の堅実な設計でなければならない。

男が一生続ける専門知識なり職業なりを選り抜くくらい真面目に考えてパートナーとなる男性をチョイスするべきである。

「時間にゆとりがない」が決まり文句のそんな女性はモテない。

「どんなときに声をかけても時間が取れずにあっさりと門前払いされそう」と男性があきらめてチャレンジするのをぐずぐずしている時がおおいいのではないでしょうか。

犬派は感情の豊かな恋人が好みである。

思いを注いだ分だけ同じように自分にも応えてくれる、そんなお付き合いのできる自分好みの恋する相手を願う傾向が少なくない。

普通の女の人は聞いている事よりも話す事が好き。

自分の言いたい事ばかりとめどなく喋り続ける男性は完全にKY。

状況を見て日常的に女の人に話せる状況を作ってあげる事が欠かせない。

注目!真っ暗闇の心に働く力は、ずば抜けている様だ。

本当の表情が相手から隠す事ができるので、安心感、そして開放感を得る。

たいてい人は、本当の表情を読まれる事ではとても嫌いですからね。

イケメンはモテるようだが、「チャラチャラしてそうだよね」「告白されてばっかりじゃないの」「いつでも出会いあるよね」こんな風に思われて避けられる事ばっかり。

女の人の恋の標的から除かれる可能性が高い事が普通なのだ。

犬の事が好きな人は感情表現がワイルドな恋人がほしい。

思いを注いだ分だけもちろん自分にも同様にしてくれるそんな事ができる自分好みの恋人がほしいと思い願ってしまう思考にある。

普通は愛についての課題を「愛する立場」という課題や、「人を自分が愛する能力の有無」ではなく、「人から愛される」という定義としてつかんでいる事が多い。

恋人を愛する感情というものは義理という関係の鎖で保たれているのだ。

実際は多くの人間の性質は善ではないので、義理の鎖なんかは人間の感情の基本ですぐにでもたち切れる。

確かにそういわれれば実際問題として大人になって考えればありえない絵空事かもしれない。

ところが、そうなってほしいとか、甘えた考えだって理解していても真剣に夢見てしまうのが恋愛と言う事でしょうね。

グループで出かけるとき、運転席のポジションは間違っても譲るな!真横に惚れさせたい相手を座らせて自分と相手だけの場所を作りなさい。

財布を渡せば二人きりの共同作業がうまれる。

恋愛、それは、天涯孤独な人がさびしさを解消しようとする営みであり、愛、これこそが実際の社会の中で、さらに幸福に生きていくための一番の技術。